【印刷用レイアウト】

群馬県四万温泉の奥に佇む旅館「鹿覗キセキノ湯 つるや」。
総支配人の関良則さんは、モダンな温泉旅館の火付け役として有名。
旅行会社に勤めていたこともあり、様々な旅の発想をお持ちになっている方です。

今回は、そんな関さんが四万温泉で実現を目指す「自遊旅設計」についてお伺いしました。
末吉が行く!鹿覗キセキノ湯 つるや
末吉について

集客の匠に訊く 接遇の匠が、とっておきの集客術を教えます。
宿泊施設にとって大切なリピーターのお客さま。
しかし、その方々が何時までも離れていかない保証はありません。リピーターを離さないために、お客さまが訪れる前から
できるおもてなしをご紹介します
ビジネスコラム コンサルタント中島セイジの、これからが見えるビジネスコラム。
帯広にある「麦音」は8,000平方メートルもの敷地を持つパン屋。
パンの販売だけでなく、無償でスペースが解放されています。
そこには、お客さま志向の大きな決断がありました。
宿研トピックス 宿研からのお知らせや、新しい取り組みなどをご紹介します。
ネット予約でお客さまが決め手にするのは「写真」の情報。
写真を上手に活用することで、施設の魅力がより伝わりやすくな
ります。そのために、今回から全3回の宿研「写真の撮り方講座」
を開講いたします。
時代のキーワード 宿研通信編集部が選んだ今、覚えておきたいキーワード。