【印刷用レイアウト】

宿研通信 9月号

今、覚えておきたいことば 時代のキーワード

お客さまは時代の変化に敏感なもの。
宿研通信編集部が選んだ、時代の流れを掴むキーワードをお届けします。

KEY WORD01

成田スカイアクセス

>>成田空港が遠いというイメージも今や昔!? >>日本の玄関口と中心地を結ぶ新型特急路線が誕生! 以前から問題視されていた「成田空港の遠さ」が、
京成電鉄の新型スカイライナー「成田スカイアクセス」の
開通によって解消された。

今回のスカイアクセス開通により、
成田空港~東京都心間(空港第2ビル⇔日暮里)が
最短36分で結ばれることになり、
これまでより約15分間短縮されることとなった。

これにより、日本の玄関口である成田空港が
やっと世界の主要な空港と“都心からのアクセス”という点で
肩を並べるようになる。

ちなみに成田スカイアクセスのデザインを担当したのは
デザイナーの山本寛斎氏。
デザインコンセプトを“風”としており、
日本らしい藍と白を基調としたデザインになっている。



KEY WORD02

グルーポン

>>WEBを利用した新たな割引クーポン! >>新規顧客の開拓に有効!? インターネットで割引クーポンをプリントアウトしてからお店に。
そんなユーザーが増えているなか、アメリカ発の
新たなクーポンサービスが日本でも始まった。
それがグルーポンだ。

これは“グループ”と“クーポン”の
2つの言葉を合わせた造語で、簡単にいえば、
ある人数以上のグループで利用できる割引クーポンのこと。

たとえば、10人のメンバーを集めて店に行くと、
飲食代金が半額になるといった具合である。
数年前に流行したギャザリングとほとんど同じシステムだが、
ツイッターなどの伝播力の高いSNSが普及したこともあり、
俄然、注目を集めている。

今まで来店したことのなかったお客さまを獲得できるとあって、
高い割引率を設定する店も多いようだ。
まさにリアルタイムWEBの時代と相性のよい割引サービスだが、
せっかく来てくれたお客さまにもう一度足を運んでもらえるかは、
当然のことながらお店の質にかかっている。



KEY WORD03

ヴァージン・ギャラクティック

>>民間の宇宙旅行会社! >>宇宙旅行に庶民が行くのも夢じゃない!? ヴァージン・メガストアで有名なヴァージン・グループに、
夢のような会社がある。それが宇宙旅行ビジネスを行う旅行会社、
ヴァージン・ギャラクティックだ。

現在、ヴァージン・ギャラクティックは
年に500人を宇宙旅行に送る計画を立てている。
その旅行プランは、弾道飛行で大気圏と宇宙の境目である
地上100キロを超える高さまで到達し、
無重力状態と“外から見た地球”を楽しめるというプランだ。

旅行代金は20万ドルを予定。
まだまだ庶民が手を出せる金額とは言いがたいが、
人類のワクワクする気持ちを刺激する事業に挑戦する
ヴァージン・ギャラクティックのビジネス。
宇宙船よろしく、うまく軌道に乗ることができるのだろうか。