【印刷用レイアウト】

宿研通信 2月号

今、覚えておきたいことば 時代のキーワード

お客さまは時代の変化に敏感なもの。
宿研通信編集部が選んだ、時代の流れを掴むキーワードをお届けします。

KEY WORD01

ステルス・マーケティング

>>人気サイトで発覚した、やらせ行為 >>自ら判断する視点を持とう 「ステマ(ステルス・マーケティング)」という言葉が
検索ランキングで急上昇した。ステルス戦闘機のように正体を隠して宣伝することを指し、
やらせやサクラとも呼ばれる行為だ。

注目されたのは、人気サイト「食べログ」でのステマが発覚し、
TVで取り上げられたのが要因だろう。飲食店側から金銭を受け取った業者が
好意的な口コミを投稿し、ランキングを不正操作したとされている。

これまで購買者にとって口コミは信頼性の高いツールだっただけに、
ステマ発覚による余波は大きい。あふれる情報を鵜呑みにせず、
自ら見極めていくことがより重要になってくる。

KEY WORD02

宝くじ付き定期預金

>>当たれば億万長者も夢じゃない! >>宝くじ付きの“夢のある”定期預金が人気 ドリームジャンボ、サマージャンボ、年末ジャンボと聞くと心が落ち着かない…。
「この売り場から1億円が当たりました!」なんて文字を見ると、ついつい買ってしまう…。

そんな風に宝くじに心を奪われている方には宝くじ付き定期預金がおすすめだ。
通常の定期預金よりも金利が多少下がる代わりに、宝くじをオマケにつけてくれるというもの。
口座主には宝くじ番号がお知らせされ、当選確認・引き換えは銀行がすべて行う。

最近では定期預金の他にも宝くじ付きの国債、外貨預金なども登場していて、
スズメの涙ほどの低金利時代に、宝くじというある種のインセンティブに、
ほのかな期待を寄せる人々が増えてきているようだ。



KEY WORD03

老犬ホーム

>>家族と別れた犬が最期のときを過ごす >>悪徳業者の横行をストップ! 飼い主が高齢になった、海外赴任になった、ペット不可の家に引っ越すことになった。
そんな諸般の事情から、家族と別れる犬を救済する老犬ホームが、
保健所で処分されてしまう捨て犬の悲しい運命回避に一役買っていた。

しかし近年の悪徳ペット業者問題を受けて動物愛護に関する法律が見直されることになり、
老犬ホームも動物取扱業者として少なからず影響を受けることになりそうだ。

人生ならぬ犬生の最後のひとときを過ごす場所。
今回の法律見直しで、保健所と何がちがうの?
なんて老犬ホームがはびこる未来は阻止してほしい。