【印刷用レイアウト】

宿研通信 10月号

今、覚えておきたいことば 時代のキーワード

お客さまは時代の変化に敏感なもの。
宿研通信編集部が選んだ、時代の流れを掴むキーワードをお届けします。

KEY WORD02

40歳定年制度

>>定年制短縮は“第二の人生を歩む”ため
>>制度改革の前に転職支援の充実を政府の国家戦略会議が打ち出した「40歳定年制」に
労働者のみならず経済界が揺れている。
これは60歳定年制では社員が固定化し、社会の新陳代謝の妨げになるため、
定年を早めようというもの。雇用の流動化を進め、国家の衰退を止めるのが目的だという。

しかし、40歳で定年を迎えたとしても、すぐに転職できるわけではない。
転職支援が充実しなければ、安易なリストラを生むだけだ。

「40歳からの第二の人生を支援する」といえば夢のある制度だが、
少子高齢化、そして若者の雇用問題などを考えれば、理想通りにはいかないはず。
これからの日本のためにまず何から手を付けるべきか。
重要な問題だからこそ、順を追って考えることが大切だろう。



KEY WORD03

ショールーミング

>>小売店はショッピングサイトのショールーム!? >>リアル店舗ならではの価値はどこにある?さまざまなものがクリックひとつで購入できる時代。
服や家電といった商品は、実際に店舗を訪れて特徴を確かめ、
その後、安価なネットで購入するというパターンが増えている。

1円でも安く買いたい消費者にとって、店舗で買い物をする理由がなくなっており、
小売店はネットショッピングのショールームと化しているのだ。

この状況を打開するために必要なのは、
接客サービスの充実や、オリジナルブランドの販売など、そのお店ならではの付加価値。
今こそ、ネットの利便性と価格競争に負けない、小売店の価値の見直しが迫られている。



KEY WORD01

テザリング

>>iPhoneシリーズに新機能搭載 >>スマホひとつで他の機器もネット接続多くの人が待ちに待ったiPhone 5が発売を迎え、Apple Storeの前にまたしても行列を作った。
新型が出るたびに話題に上がるiPhoneシリーズの機能だが、
今回の最大の魅力は、なんといっても「テザリング」機能を搭載したことだろう。

テザリングとは、スマートフォンをWi-Fiルーターのように使用できる機能のことで、
これがあればスマートフォンを介して、
パソコンやゲーム機などの他端末をインターネットにつなぐことができるのだ。

国内では初のiPhoneのテザリング機能に、ITマニアも興味津々。
その反面、一部ではテザリング機能はいらないという声も少なくない。
新型iPhoneは貪欲なITマニアを満足させることができるのか、今後の動きに注目だ。