【印刷用レイアウト】

宿研通信 6月号

今、覚えておきたいことば 時代のキーワード

お客さまは時代の変化に敏感なもの。
宿研通信編集部が選んだ、時代の流れを掴むキーワードをお届けします。

KEY WORD01

昆虫食

>>栄養価の高い昆虫が世界では日常食
>>日本でも徐々に浸透昆虫を食べることなど考えられないといった日本の風潮。
しかし、これは世界的に見ると逆に珍しい。

昆虫を常食としている国は、アフリカで36カ国、アメリカで23カ国、
アジアで29カ国、ヨーロッパで11カ国に広がり、総人口は20億人に達する。
高いタンパク質・繊維質・良質な脂肪・ミネラルといった
優れた栄養価が世界中で愛されている理由だ。

最近では日本でも昆虫食イベントが各地で開催され、
“昆虫食女子”というワードが話題に上るなど、
徐々に愛好家が増え始めている。



KEY WORD02

ハフィントン・ポスト

>>アメリカで急成長のネット新聞! >>日本版サービスを開始!2005年にアメリカで誕生したネット新聞『ハフィントン・ポスト』が、
大きな話題となっている。

“読者がコメントしたくなるニュース”という観点で掲載記事を厳選したところ、
アクセス数が劇的に上昇。単なるネット新聞ではなく、
SNSのような双方向的なコミュニケーション機能の完備など、
読者重視の徹底した戦略により月間訪問者数は6300万人にまで伸びている。

5月7日より日本語版もオープンし、さらに勢いに乗る通称“ハフポスト”。
日本では長らく“Yahoo! ニュース”がトップに君臨してきたが、
その不動の勢力図にどのような変化をもたらすのか、今後の動向に注目したい。



KEY WORD03

片道定期券

>>震災の影響で運行本数が減少 >>朝の通学を想定した定期券東日本大震災の影響で運行本数が減少している三陸鉄道。
電車を利用する学生は、登校時間は決まっているものの、
下校時間はそれぞれ異なる。

そこで発売されたのが『片道定期券』。
登校時のみ電車を利用し、下校は親が車で迎えにくる
という学生が増えたため、今年4月から始めた。

料金は通常の40%引きで、利用期間は来年の3月までを予定している。
現状でできる利用者への最大限の配慮だが、
毎日の送り迎えという時間と労力を考えると
少しでも早く通常運行の再開を期待したいところ。