【印刷用レイアウト】

宿研通信 2月号

今、覚えておきたいことば 時代のキーワード

お客さまは時代の変化に敏感なもの。
宿研通信編集部が選んだ、時代の流れを掴むキーワードをお届けします。

 

KEY WORD01

MADE WITH JAPAN

>>MADE IN JAPANの時代はもう終わった?
>>これからは世界と共にものづくりをする日本へ今や自前主義にこだわったものづくりを展開するようになったMADE IN JAPAN。
しかし、これからの時代は『MADE WITH JAPAN』を指標に、
世界と手を結びながら事業を行う必要があると言われている。

日本の「価値」を残すためには、
現地パートナーと手を組み、共に歩みながら、
土地に根ざした店づくりや商品開発を目指して
価値を生み出す必要がある。

MADE WITH JAPANは、
日本経済の復活における大きな課題となるかもしれない。



KEY WORD02

ディズニーランド米

>>夢と魔法の国が作るお米? >>求められる完璧な安心と安全施策東京ディズニーリゾートなどを運営するオリエンタルランドが、
『ディズニーランド米』の事業化への準備を進めていることが明らかになった。

自社栽培を進めるきっかけになったのが、
まだ記憶に新しい食品偽装の一件。
これを受け、安全・安心の食材を提供するために、
自社専用の農地を購入する意向が強まったという。

夢を提供する仕事だからこそ求められる、
完璧な安全と安心のための施策に今後も注目したい。



KEY WORD03

半農半X

>>近頃の“脱サラ”トレンド!? >>農業を生活に取り入れ、生き方を見つめ直す転職の選択肢の1つである脱サラに、
『半農半X(エックス)』という考え方が広がりつつある。

半農半Xとは、農業と自分らしい仕事(X)を
両立させるというライフスタイルのこと。
“農”の視点を生活の中に取り入れることにより、
精神的な豊かさが生まれるという。

今の時代だからこそ、自分のライフスタイルを
見つめ直すことが必要とされてくるのだろう。