【印刷用レイアウト】

宿研通信 5月号

今、覚えておきたいことば 時代のキーワード

お客さまは時代の変化に敏感なもの。
宿研通信編集部が選んだ、時代の流れを掴むキーワードをお届けします。

 

KEY WORD01

ロードプライシング

>>渋滞・大気汚染の解決策として期待される
>>すでに割引という形で導入も激しい渋滞、大気汚染、それに伴う多大なストレス。
特定の道路に交通量が集中する以上仕方ないことと諦めている人が大半だろうが、
それらの解決策として期待されるのが『ロードプライシング』だ。

この施策は特定の道路における自動車利用者に対して
課金することで交通量の抑制を図るというもの。
イギリスやシンガポールでは既に導入されており、
日本でも検討中のようである。

解決策として期待されているロードプライシングだが、
具体的な効果はまだまだ未知数の部分が多いとの
声も上がっている。



KEY WORD02

.tokyo

>>東京を世界にもっと知ってもらうために >>新ドメイン取得のチャンス私達が使用するアドレスに新しいバリエーションが加わった。
その名も『.tokyo』。これは東京を表す新しいドメインのこと。

これまでは「.com」や「.jp」のような国別TLDの2つが
主流だったのだが、そこに新規参入しようという試みだ。

外国人観光客がサイトやメールを見ても、
所在地が東京だとひと目でわかる利点があるこのサービスは
東京にとって良い宣伝効果を得られるのではと注目されている。



KEY WORD03

通訳案内士

>>オリンピック招致成功によって注目された職業 >>気軽に頼める民間外交官昨年、東京オリンピック招致が決定した。
それを機に今注目されている職業がある。
それが『通訳案内士』だ。

通訳案内士とは、通訳とは違い、
自身がおすすめしたい観光地やお店など、
“おもてなし”の気持ちを含めることが許される、
いわば気軽に頼める民間外交官のような存在のこと。

通訳案内士を通して、日本の本当に良いところが、
観光客に伝わることを期待したい。