【印刷用レイアウト】

宿研通信 1月号

今、覚えておきたいことば 時代のキーワード

お客さまは時代の変化に敏感なもの。
宿研通信編集部が選んだ、時代の流れを掴むキーワードをお届けします。

 

KEY WORD01

世界ジオパーク

>>ユネスコの新正式事業として認定
>>観光資源としても注目インバウンドが注目されるなか、
より大勢のお客さまの心を掴むためには、
観光資源やランドマークの存在などが求められる。

そうした背景を意識して世界的に動きがあった。
2015年、ジオ(地球)に関わるさまざまな自然遺産を含む公園である
『世界ジオパーク』がユネスコの新事業として正式認定された。
世界ジオパークと言っても登録地域には、
日本の洞爺湖有珠山や糸魚川などもある。

いままでは、単に自然保護や環境保護への
見方が強かった世界ジオパークだが、
これからは、貴重な観光資源としての
活用も期待される。



KEY WORD02

ストック効果

>>新たな公共事業が経済を活性化!? >>長期的な視点での経済効果をもたらす経済が大きく成長するポイントに、
効果的なインフラ整備がある。
近年は、さまざまな理由から敬遠されがちだったが
ここに来て、再度注目を集めている。

先日、首都圏中央連絡自動車道の
埼玉県部分が全面開通したことをきっかけに、
さまざまな業界で『ストック効果』への期待が集まっている。
ストック効果とは、インフラ整備で継続的に経済効果を生み出すこと。
例えば、今回の高速道路開通で交通の利便性が向上したため、
各企業では、新たな物流拠点として施設の建設をすすめている。

2020年のオリンピックに向けて、
国と民間企業が上手くバランスをとって
公共事業を行い、これから盛り上がるであろう地域の
経済成長を促進できるのか。



KEY WORD03

Li-Fi(ライファイ)

>>次世代の通信テクノロジー >>光を使った無線通信もはや屋外で電子機器を使うことがあたり前になっている現在。
そのなかでもケーブルを使わなくても無線で通信できる
「Wi-Fi(ワイファイ)」や「Bluetooth(ブルートゥース)」は
身近な存在となっている。

そこに、上記を上回る性能を持ち合わせた
通信機器『Li-Fi(ライファイ)』が
割って入ってこようとして注目を集めている。
これは、電球やテレビなどの身近にある
「光」を通じて無線通信を行う方法のこと。
通信速度は、Wi-Fiのおよそ100倍とも言われている。

性能がよすぎるだけに、犯罪に利用される可能性などが気にはなるが、
情報化社会の進化の一端を担うことが予想されるため、
今後の日本ビジネスにも大きな変化をもたらすかもしれない。