【印刷用レイアウト】

宿研通信 11月号

宿研マイスター「集客表現大賞」 「集客表現大賞」は、 宿研スタッフがより質の高いサービスを提供するために毎月行っている社内プレゼンイベント 「宿研マイスター」の受賞作品をご紹介するコーナーです。 集客に役立つ情報が満載のこのコーナー。ぜひチェックしてみてください。

思わず読んでしまう「メルマガ」編 第9回 簡単に電子メールで読める新聞や雑誌のような便利ツール メールマガジン略して「メルマガ」。「かんばん」や「署名」を巧みに使用して、思わず開封したくなるような内容を伝えます。

 受賞作品
第1位:静岡神奈川チーム
■古奈のかくれ宿 さかなや別館 本陣(静岡県)様
※画像クリックでポイントを表示します
制作チームからひとこと

メールマガジンは生ものです。

その時の旬のネタを提供するからこそ、ユーザーが関心を持ち「お、読んでみようかな」と思っていただけます。

このメールマガジンを配信したのは、2013年9月のこと。「じぇじぇじぇ」「倍返し」「おもてなし」といった流行語がまさにピークでした!

意味はなくても、強烈なインパクトを与える、そんなウィットに富んだ内容にしてみました。

「じぇじぇっじぇ」と驚く予約数、売上「倍返し」!!
…とはいきませんでしたが、「おもてなし」の心たっぷりのメールマガジンを配信できたと思います。

第2位:シティホテルチーム
■沼津グランドホテル(静岡県)様
※画像クリックでポイントを表示します
制作チームからひとこと

地元の人(=ホテルスタッフ)からの生の情報を基にした“地元の人が勧める美味しい店情報”をお伝えする事で、

「仕事でどうせ近くに行くならこのエリアに立ち寄りたいな」

「週末にプライベートで気軽に行くのも良いな」

と感じて頂きたいと考えました。

そのうえで、押し付け感を抑えた中ほどの位置で宿泊プランを紹介しています。

第3位:関西Bチーム
■京貴船 ひろや(京都府)様
※画像クリックでポイントを表示します
制作チームからひとこと

「すべては、スマホの為に。」

せっかくの素敵なメールも、改行がバラバラになると魅力も読む気も激減してしまいます。

さらに、PCアドレス宛にメールをしても見るのはスマホという方が増加しています。

そこで、スマホでも綺麗に魅せられるように、

“1行は19文字”

とルールを決めて見やすくまとめました。

メルマガはPCでもスマホでも、魅せ改行で美しく!

思わず読んでしまう「メルマガ」の極意・商品内容の具体的訴求・ターゲットへのベネフィット訴求(効能・利益・体験の訴求)・語感の良さや表現のセンス・文章の見やすさ