【印刷用レイアウト】

宿研通信 6月号

宿研マイスター「集客表現大賞」 「集客表現大賞」は、 宿研スタッフがより質の高いサービスを提供するために毎月行っている社内プレゼンイベント 「宿研マイスター」の受賞作品をご紹介するコーナーです。 集客に役立つ情報が満載のこのコーナー。ぜひチェックしてみてください。

画像キャプション~料理~編 第16回 前回に続き、今回は「画像キャプション~料理~」がテーマです。宿選びにおいて最重要項目とされる“食”。
そんな食を通して、いかにしてお客様から選ばれる宿屋となるか。今回も宿研から発信する手法は必見です!

 受賞作品
第1位:シティホテルチーム
■ ホテルニューパレス(福島県)様
受賞作品を見る
※画像クリックでポイントを表示します
制作チームからひとこと

まずは見てもらうことから全てが始まる! ということで、
第一印象のインパクトを最大限意識しました!

例えば、全国的には馴染みのない
「饅頭の天ぷら」という料理に対して、
お客様に「どんな料理?どんな味?」という
興味や印象を抱いてもらうために、
あえて『なんじゃこりゃ~?!』のようなフランクな表現を使用。

さらに『衝撃のおかず』という記憶に残る強烈なフレーズで
アピールにアピールを重ねました!

最後は、「朝食バイキングで食べられるんだ!試してみよう」と、
ユーザーを自然に誘導できるように工夫。

チーム一丸となって作成することができました!

第2位:関西Cチーム
■ 桂浜荘(高知県)様
※画像クリックでポイントを表示します
制作チームからひとこと

テーマはずばり『疑似体験』!

数ある施設の中に埋もれないように、
ありきたりな表現ではなく、
“ご当地らしさを大切に”を意識しました。

高知を感じさせる「土佐弁」を用いることで
地元の人だから知っている
「美味しい食べ方」をアピール。
まるで高知で食べているような感覚で
楽しんでいただけるように工夫しました。

また、「本場のたたきは一味違うぜよ!」
のように高知のイメージを最大限活かした
キャプションでは
旬のカツオのたたきが
食べたくなること間違いなしです♪

第3位:関西新規チーム
■ 長治庵(滋賀県)様
※画像クリックでポイントを表示します
制作チームからひとこと

お客様の“食”に対する欲求を
キャプションで満たしました。

まず「~だけ」といった限定感を
冒頭のキャプションで展開することで
お客様の心をつかみます。

次に、「卓上の炭火」など
他の施設にはない特別感を、
お客様の興味をそそるように表現。

最後は、最大のポイントである
お客様の“食欲”を刺激!
この3点を意識することで
お客様の心にダイレクトに響くキャプションを
作成することができました。

画像キャプション~料理~の極意・コメントを読んで、「思わず食べに行きたい!」と思える表現・イメージ(写真)の具体的訴求・ターゲットへのベネフィット訴求(効能・利益・体験の訴求)・語感の良さや表現のセンス・文章の見やすさ