【印刷用レイアウト】

宿研通信 5月号

宿研マイスター「集客表現大賞」 「集客表現大賞」は、 宿研スタッフがより質の高いサービスを提供するために毎月行っている社内プレゼンイベント 「宿研マイスター」の受賞作品をご紹介するコーナーです。 集客に役立つ情報が満載のこのコーナー。ぜひチェックしてみてください。

スマートフォンで見る楽天モバイル画面TOP 第39回 先月に引き続き、テーマは「スマートフォンで見る楽天モバイル画面TOP」です。スマートフォン経由のアクセスが増え続ける中で、スマートフォン表示の最適化や表現は、今後取り組むべき課題のひとつ。今回もマイスターこだわりのテクニックにご注目ください。

 受賞作品
第1位:本社新規チーム
■ 陸前高田市 二又復興交流センター(岩手県)様
受賞作品を見る
※画像クリックでポイントを表示します
制作チームからひとこと

実はこの宿泊施設、138年の歴史を持つ元小学校。
東日本大震災の被災地にある施設です。

簡易宿泊所でありながらも、
この施設ならではのブランド力を高め、
記憶に残る宿であるために、
世界観をつくり出すことに力を注いでいます。

元小学校という特徴や雰囲気を
視覚効果からイメージの強化を図るため、
季節に合わせた外観画像、そしてアイコンや
プラン内容は学校をイメージさせるものを
使用しました。

第2位:関東チーム
■ ホテル一宮シーサイドオーツカ(千葉県)様
※画像クリックでポイントを表示します
制作チームからひとこと

施設紹介の動画でインパクトを出すために、
料理人にスポットを当てたモノクロ加工の
トップ画像から始まる仕様にこだわりました。

トップ画像を料理ではなく、
愛情を込めて料理をつくる料理人にすることで、
ストーリー性を持たせることを意識しています。

画像にはキャッチな文言を入れ、
空室情報も含めて予約へ誘導することを目的に、
宿泊プランには季節感を出す画像を配置しました。

第3位:関西Bチーム
■ 須磨観光ハウス 味と宿 花月(兵庫県)様
※画像クリックでポイントを表示します
制作チームからひとこと

一目見て「春」を感じられるような、
季節感を演出することにこだわりました。

画像だけでなく、
いつもと変わらないプラン内容にも、
季節を感じるワードを加えることで
ページ内で季節感を統一することに努めました。

このシーズンが施設のウリであることを
意識することで、また来年も
思い出していただけるような気持ちも込めています。

「スマートフォンで見る楽天モバイル画面TOP」の極意・施設のウリの具体的訴求・ターゲットへのベネフィット訴求(効能・利益・体験の訴求)・語感のよさや表現のセンス
・文章の見やすさ・エリア内や競合と比べてどう差別化したか