【印刷用レイアウト】

宿研通信 1月号

匠が、とっておきの集客術を教えます 集客の匠に訊く

集客の匠に、お客さまを呼ぶポイントを訊くこのコーナー。
4ヶ月連続して“和文化の匠”が宿屋と歳時記の関係についてお話いたします。
今回のテーマは 「歳時記・行事のリピート力」 についてです。

歳時記・行事のリピート力

皆さま、こんにちは。“和文化の匠”三浦康子です。

歳時記・行事の集客力をテーマに話を進めてまいりましたが、
最終回は、歳時記・行事のリピート力についてお話します。

繰り返し思い出してもらえる
歳時記・行事の強みを活かす

これまでにお話した、歳時記・行事や季節の食べものには、
ほかの物事にはないリピート力があることにお気づきでしょうか?

これらは、季節の巡りとともに繰り返されるのが大きな特徴であり、
文化ですから廃れることがありません。
すると、毎年その時期がくるたびに行事に関わる物事にふれて過ごします。
たとえ自分では行事をしなくても、
メディアが取り上げ、店にディスプレイされ、みんなの話題になるなど、
見聞きする機会が必ずあり、それにまつわる思い出が蘇ってきます。
私はこれを「思い出ボタン」と呼んでいます。

宿に関する思い出が、歳時記・行事にまつわることなら、
毎年その時期が来るたびに「思い出ボタン」が押され、宿の記憶が蘇ります。
人間というのはおもしろいもので、
良い経験はまたしたいと思いますし、誰かに話をしたいもの。
リピーターになるだけではなく、口コミまでしてくれます。

また、歳時記・行事は年間にたくさんありますから、
Aのことで感動したら、BもCもと思っていただけます。
ライフスタイルの変化で、何でも手軽にできるわけではありませんので、
季節の風情を感じるために、お金を払い、足を運ぶ方が年々増えています。
このような方々は、宿にとっても、上質なお客様といえますので、
文化や風情を大事にする宿は、上質なファンを獲得しやすいといえるでしょう。

文化的おもてなしの
なせる業

文化の力というのは、皆さんが思っている以上に大きいものです。
そもそも、私たちのアイデンティティ、自分が何ものであるのかということは、
文化によって形成されていきますから、
和文化で形成されてきた私たちが、和文化に癒されるのは当然ですね。
また、異なる文化で育った人たちは、和みの文化に感動することでしょう。

子どもからお年寄りまで、
日本ばかりでなく外国の方まで、
幅広い皆さまに喜んでいただけるのも、歳時記・行事の大きな特徴といえます。

そのために、歳時記・行事を前面に打ち出して企画してもいいですし、
料理やしつらいなどのさりげないおもてなしに、盛り込んでみても良いでしょう。
行事の心を勉強することは、従業員の教育にも大きく貢献し、
その気になれば、小さなことから実施できます。

歳時記・行事を活かすことで、
季節の風情、お客様の幸せを願う気持ち、文化を大事にする姿勢など
様々なことをアピールすることができます。
そして、文化が伴うことで、胸に残る思い出となり、
コアなファンがじわじわと増え、リピーターや口コミが期待できます。
質の向上にもつながりますので、
和文化の力をおおいに役立ててくださいませ。

 

 
和文化の匠 プロフィール
三浦 康子 (みうら やすこ)
和文化研究家、ライフコーディネーター。暮らしを彩る日本文化の情報発信に幅広くたずさわり、テレ
ビ、ラジオ、新聞、雑誌、ウェブ、セミナーなどの登場回数は2500を超える。All A bout「暮らしの歳時
記」、キッズgoo「こども歳時記」、NHKラジオ第1「ラジオあさいちばん」、「私の根っこプロジェクト」
などレギュラー多数。「行事育」を提唱し、来春『行事育えほん・親子で楽しむ日本の幸せ行事』(仮称)
を出版予定。著書『粋なおとなの花鳥風月』(中経出版)ほか多数。